ロゴ
Google  
Web このサイト内
English.gif

ゴム編みで綺麗なストライプを編む ホームへ
ゴム編みでストライプを編む際、裏編み部分で色が混じるのを防ぐ編み方

ゴム編みでストライプを綺麗に編む

ストライプ模様は、編み出すときに糸の色を変えるだけですので、編物初心者でも簡単に色あわせが楽しめます。ストライプ模様は単純すぎるように思えるかもしれませんが、実際は非常にバリエーションがあり、とても奥が深いものです。

しかし、帽子などゴム編みの編地の場合、単純に糸を替えて編むと、下の写真のようにゴム編みの裏目のところで、青矢印のように二色の糸が絡ってギザギザになり、綺麗なストライプにはなりません。

ribbreak.jpg

しかし、ちょっとした工夫をすると写真の上側のようにゴム編みでも綺麗なストライプにすることができます。すでに知っている人はな〜んだと思うかもしれませんが、知らない人はどうすればこうなるか、考えてみてください。まさしくコロンブスの卵とでも言うべき方法です。

正解はこちら



免責事項 たた&たた夫は記述内容の正確性を保証いたしません。また、記述内容に起因する一切の損害・不具合に関する補償の責を負いません。
著作権 Copyright(C) 2000-2005 Tata&Tatao. All Rights Reserved. 本サイトの文章・イラスト・写真はたた&たた夫の著作物です。無断転載は固くお断りいたします。